元レッドブル・ジュニアのその時&その後 (1)

 

レッドブルが自らのドライバー育成プログラム「レッドブル・ジュニアチーム」を設立したのは2001年のこと。それまでも個別にチームやドライバーのサポートは行っていましたが、ヘルムート・マルコをトップに、独立したプログラムとして組織されました。翌02年からは同プロラグムの米国版「レッドブル・ドライバーサーチ」もスタートしています(05年にジュニアチームとの統合により終了)。

設立当初はレッドブルの地元・オーストリア人ドライバーが多数を占めていましたが、その後対象は世界各国に拡大。これまでに輩出したF1ドライバーは、レッドブル&トロ・ロッソ (STR) 以外からのデビューも含めれば、実に18人にも上ります。またこれまでにジュニアチームに所属経験のあるドライバーに至っては約80人 (!) 当然ながら同様のスキームを持つフェラーリやルノーなどを圧倒的に上回る数字です。

18年現在、F1世界チャンピオン1人&優勝経験者3人という成果を成功と見るか、効果が低いと見るかは人によって評価の分かれるところでしょうが、F1まで辿り着くだけでも至難の業の中、これだけのドライバーを世に送り出してきたことは素直に評価されるべきでしょう。

続きを読む

世界で需要のない日本人ドライバー

 

Katsumasa Chiyo and Nissan GT-R GT3 won the 2015 Bathurst 12 Hours

Katsumasa Chiyo and Nissan GT-R GT3 won the 2015 Bathurst 12 Hour race (Photo:SOFTPEDIA NEWS)

 

「国際(的)レース」というと、F1やWRCなどの世界選手権を思い浮かべるかもしれませんが、必ずしもそれらだけに限りません。ル・マンをはじめ、ニュル、スパ、デイトナ、セブリング、バザースト、それにダカールラリーといった世界的に有名な年に1度の耐久レース(今年からは鈴鹿10Hもここに加わるでしょう)はもちろん、参加ドライバーの半数以上が自国出身者以外で占められているインディやDTM、それにブランパンのような複数国で開催されるシリーズも、国際レースとして括れるでしょう。

ではこれらのレースに日本人ドライバーは何人参加しているでしょうか? 残念ながらゼロか片手で数えるほどしかいません。

 

続きを読む

【小話】モータースポーツのチーム名いろいろ

 

世界中のいろいろなチーム名を見ているとなかなか面白いですね。

F1で最も多いのは設立者の苗字をとったもの。現在のマクラーレン、ウィリアムズ、ザウバー、ハース。過去のティレル、ブラバム、ジョーダン、ミナルディ、リジェ、ラルースや、チャンピオン経験者が興したスチュワートやサーティース、フィッティパルディ。他にもウルフやヘスケス、コローニなど枚挙に暇がありません。やはりF1というモータースポーツの頂点ともなると、自らの名を冠して自分という存在を誇示したくなるのでしょうか?

続きを読む

FIA-F2のエントリーリストに思うこと

 

Racing Engineering

Photo: Zak Mauger/FIA Formula 2 (Racing Engineering)

先日、今シーズンのFIA-F2エントリーリストが更新されました ( FIA Formula 2 Championship’s 2018 Teams confirmed – Formula 2 )。シリーズ撤退と見られていたRussian Timeが一転残留となった一方で、シリーズ創設時から参戦してきたRacing Engineering (RE) がまさかの撤退。また新規参入が予定されていたFortecが参戦取り止めとなり、エントリーは昨年と同じ20台ということになりました。

 

続きを読む

経験値はスペシャリストに優る

 

Marcus Armstrong leads Verschoor and Shwartzman

Marcus Armstrong leads Richard Verschoor, and Robert Shwartzman at round one of the 2018 Toyota Racing Series (Photo:Driven by Matthew Hansen)

今年もこの時期恒例のToyota Racing Series (TRS) が開催されています(デイトナ24Hではないのね^^;) TRSは”真夏”のニュージーランドで行われるジュニア・シングルシーターシリーズ。5ラウンド全15戦を5週連続で行う短期決戦です。シャシーはFIA F3の安全基準に則ったタトゥースFT50。エンジンはトヨタのプロダクションモデル2ZZ-GEをレース仕様に改良したもので約200馬力を発生。燃料にはE85バイオエタノールが使用されています。ギアはSadev製6速パドルシフト、タイヤはミシュランのワンメイクで、性能的には概ねFルノー以上、現行F3未満と考えると良いでしょうか。

ちなみにシリーズ中の1戦にはニュージーランド・グランプリの冠が付されていますが、FIAからF1以外で”グランプリ”の承認を受けているのはマカオGPとこのニュージーランドGPのみです。

 

続きを読む