TRS」タグアーカイブ

経験値はスペシャリストに優る

 

Marcus Armstrong leads Verschoor and Shwartzman

Marcus Armstrong leads Richard Verschoor, and Robert Shwartzman at round one of the 2018 Toyota Racing Series (Photo:Driven by Matthew Hansen)

今年もこの時期恒例のToyota Racing Series (TRS) が開催されています(デイトナ24Hではないのね^^;) TRSは”真夏”のニュージーランドで行われるジュニア・シングルシーターシリーズ。5ラウンド全15戦を5週連続で行う短期決戦です。シャシーはFIA F3の安全基準に則ったタトゥースFT50。エンジンはトヨタのプロダクションモデル2ZZ-GEをレース仕様に改良したもので約200馬力を発生。燃料にはE85バイオエタノールが使用されています。ギアはSadev製6速パドルシフト、タイヤはミシュランのワンメイクで、性能的には概ねFルノー以上、現行F3未満と考えると良いでしょうか。

ちなみにシリーズ中の1戦にはニュージーランド・グランプリの冠が付されていますが、FIAからF1以外で”グランプリ”の承認を受けているのはマカオGPとこのニュージーランドGPのみです。

 

続きを読む

トヨタ・レーシング・シリーズ開幕。初戦はフェラーリ・ジュニアが優勝

この時期恒例のToyota Racing Series (TRS) が、今年も開幕しました。

TRSは2005年にニュージーランドで始まったシリーズで、欧州がオフシーズンになる1〜2月にかけて毎週、国内のサーキットを転戦します。1ラウンド3レース開催で、全5ラウンド15レースで争われます。

シャシーはFIA F3規定に準拠したタトゥースFT-50、エンジンはトヨタの1.8リッター4気筒の市販エンジンをモディファイしたもので約200馬力を発生します。概ね、F3とF4の中間程度の性能でしょうか。

発足当初はほとんどが地元ニュージーランドのドライバーで占められていましたが、近年は冬季で走りこめない欧州や北米などから、将来有望な若手ドライバーが腕を磨きにこぞって参戦する注目のシリーズとなっています。

今年もレッドブル・ジュニアのRIchard Verschoorや、フェラーリのアカデミー入りが決まったばかりの地元Marcus Armstrong、フォース・インディアのサポートを受けるJehan Daruvaraといった、F1チームの育成ドライバーが参戦しています。

これまでに現ポルシェLMP1ドライバーのBrendon Hartley & Earl Bamber、Formula E参戦中のMitch Evans、GT500にレクサスから参戦するNick Cassidyに、F1参戦が決まったLance Strollなどを輩出。昨年はLando Norrisが欧州勢では初めてのタイトルを獲得しました。

ただ日本人は数年前に桜井孝太郎が参加したのみで、今年もゼロ……。オフシーズンに比較的低コストで参戦でき、世界の同世代の有望ドライバー相手にガチンコ勝負できるという、日本の若手ドライバーにとっては稀有な機会だと思うのですが、ホンダもトヨタもレベルを下に見ているのか、このシリーズに全く価値を見出していないようです、、、、。

 

さて、先日Mike Pero Motorsport Park (Ruapuna) で行われた開幕ラウンド。レース1は2番グリッドからスタートしたArmstrongが、SC後のリスタートでPPスタートのDaruvaraを交わしトップに浮上。そのままシングルシーターでの初勝利を飾りました。Daruvaraが2位、Verschoorが3位に入り、F1チームの育成ドライバーがトップ3を占める結果となりました。

レース2はレース1のトップ6がリバースグリッド。スタートでトップに立った地元ドライバーのTaylor Cockertonがトップチェッカーを受けましたが、スタートの際にグリッド停止位置をはみ出ていたとして10秒加算ペナルティが課され4位に降格。2位フィニッシュのPedro Piquetにもペナルティが出されたため、3位のThomas Randleが繰り上がりで優勝、Verschoor、Armstrongがそれぞれ2位、3位に入りました。

レース3はPPのDaruvaraがスタートから後続との差を広げるものの、後方のクラッシュにより赤旗中断。一気にマージンがなくなってしまいます。それでもリスタートでもリードを守りきりトップチェッカー。毎ラウンドのレース3優勝者に与えられるトロフィー (今回はLady Wigram Trophy) を獲得しました。Verschoorが4位入賞の一方、Armstrongはリタイアに終わっています。

開幕ラウンドを終えて総合ではVerschoorが未勝利ながらも3-2-4位で固めてランキングトップ。Randle、Daruvara、Ferdinand Habsburg(かのハプスブルグ家の末裔!)と続き、Armstrongはレース3でのリタイアが響き5位スタートとなっています。

この後シリーズは4週連続で行われ、Teretonga Park、Hampton Downs Motorsport Park、Bruce McLaren Motorsport Park (Taupo)、Circuit Chris Amon (Feilding) と転戦の予定です。

Source:
Ruapuna TRS: Ferrari junior Armstrong wins season opener
Ruapuna TRS: Cockerton scores maiden win in Race 2
Ruapuna TRS: Daruvala wins red-flagged Race 3