Manor」タグアーカイブ

2017シーズンレビュー(2) FIA F3

 

Lando Norris won the FIA Formula3 European Championship 2017 with Carlin

Lando Norris and Carlin team (Photo:FIA F3)

前回のFIA F2に続いて、今回はFIA F3を振り返ります。

MuckeやT-Sportがシリーズから撤退し、僅か5チームになってしまった今季のFIA F3でしたが、そのレース内容は昨年を上回る充実したものでした。

 

続きを読む

塚越広大とタイミング

松下信治や福住仁嶺が、初欧州にも関わらず早くから向こうのレースや環境に適応しているのを見ると、つくづくホンダ&トヨタF1撤退後の”空白の6年”が勿体なく感じます。この間、山本尚貴や平川亮などが台頭してきましたが、彼らに即欧州行きの目はなく、国内でSFとGT500にステップアップするのが唯一の選択肢でした。

個人的にどうしても思い出すのが塚越広大です。フォーミュラ・ドリーム全勝など、早くから次代のホープとして注目され、2007年のマカオではマノーから参戦し2位表彰台(優勝は新エンジンを投入したトムス・トヨタのオリバー・ジャービス) ここでジョン・ブース御大から絶賛され、翌年同チームからユーロF3に参戦。現在F1で活躍するニコ・ヒュルケンベルグらと互角に渡り合い(ちなみに2位4回のうち3回はヒュルケンベルグが優勝)、優勝こそなかったものの初欧州ながらランキング7位(チーム内トップ) 当時チームメートだったサム・バード(現Formula E, DS Virgin&フェラーリ・ファクトリードライバー)が11位だったのですから、当時の彼の勢いがわかるというものです。

当然オフシーズンには複数のGP2チームからオファーを受け、Barwa Addax、Arden、Rapaxからテストに参加。ここでも上位タイムを連発して、次はGP2参戦確実かと思われた矢先、ホンダのF1撤退で国内復帰を余儀なくされました。そもそもなぜF1活動と育成プログラムをリンクさせるのか、自分にはサッパリわかりませんが、とにかくこれで塚越のF1行きは99%消滅したのです。

タラレバはなしとはいえ、もしホンダがあと1年F1を続けていれば、2009年はGP2でヒュルケンベルグやグロージャン、ディ・グラッシ、ペトロフらとタイトルを争っていたかもしれません。最短で2010年のF1参戦もあったかもしれない。逆に同じ1986年生まれの小林可夢偉も、トヨタがホンダと同じタイミングで撤退していれば、2009年のGP2継続はなく、F1のチャンスがないまま日本に戻っていた可能性が高い。本当にほんの僅かな運、タイミングの違いで、二人のその後の進路は劇的に変わってしまったんですね。

塚越広大を見ていると、つくづく自分ではどうにもできない”タイミング”というものを考えてしまいます。彼も育成段階まではホンダからのメリットをたっぷり享受できた。けれどもそれを開花させるタイミングが最悪になってしまったんですね。松下や福住はせっかく抜群のタイミングで欧州に行けたのだから、ぜひそのチャンスを生かしてほしいです。