FR2.0」タグアーカイブ

元レッドブル・ジュニアのその時&その後 (2)

 

元レッドブル・ジュニアのその後を紹介するシリーズ。前回の続きです。

 

 

続きを読む

元レッドブル・ジュニアのその時&その後 (1)

 

レッドブルが自らのドライバー育成プログラム「レッドブル・ジュニアチーム」を設立したのは2001年のこと。それまでも個別にチームやドライバーのサポートは行っていましたが、ヘルムート・マルコをトップに、独立したプログラムとして組織されました。翌02年からは同プロラグムの米国版「レッドブル・ドライバーサーチ」もスタートしています(05年にジュニアチームとの統合により終了)。

設立当初はレッドブルの地元・オーストリア人ドライバーが多数を占めていましたが、その後対象は世界各国に拡大。これまでに輩出したF1ドライバーは、レッドブル&トロ・ロッソ (STR) 以外からのデビューも含めれば、実に18人にも上ります。またこれまでにジュニアチームに所属経験のあるドライバーに至っては約80人 (!) 当然ながら同様のスキームを持つフェラーリやルノーなどを圧倒的に上回る数字です。

18年現在、F1世界チャンピオン1人&優勝経験者3人という成果を成功と見るか、効果が低いと見るかは人によって評価の分かれるところでしょうが、F1まで辿り着くだけでも至難の業の中、これだけのドライバーを世に送り出してきたことは素直に評価されるべきでしょう。

続きを読む

2017シーズンレビュー(3) GP3, F4ほか

 

George Russell and ART guys

George Russell (Photo:GP3 Series)

FIA F2同F3と続いて、最後はGP3とその他のシリーズをまとめて振り返ります。

 

続きを読む

日本の育成問題(1):笹原右京のSRS入り

カート時代から欧州で孤軍奮闘を続けてきた笹原右京ですが、今年は欧州でのステップアップを断念し、驚くことにSRS(鈴鹿レーシングスクール)への入校という道を選びました。おそらくはSRSでスカラシップを獲得し、ホンダのサポートを得た方が今後に有益との判断なのだと思われます。

笹原は4輪デビューからの3年間、主にFormula Renault 2.0(FR2.0)に参戦してきました。欧州レースをそれほどウォッチしていない方は「そうは言っても、所詮は日本のF4レベルでしょ?」と思われるかもしれませんが、FR2.0の中でもEurocupで上位を走るドライバーは、上のカテゴリーにステップアップ後、即タイトル争いを繰り広げるような強者ばかりなんですね。

特にRobin Frijns(現Formula E アンドレッティ、ブランパンGT WRTアウディ)は、ダイレクトにFormula Renault 3.5へステップアップし、ジュール・ビアンキやサム・バードといった既にGP2で優勝経験のあった強豪を相手に、1年目でいきなりタイトルを獲得しました。今話題のStoffel Vandoorneも同様に、ルーキーながら接戦の末ランキング2位(チャンピオンはケビン・マグヌッセン)と好成績を挙げています。

そんな連中を相手に、笹原はEurocupでは2005年の小林可夢偉以来の優勝を挙げたわけです。またスポット参戦したイタリアFIA-F4でもLance Stroll(現ウィリアムズ開発ドライバー)らを相手に回し、デビューラウンドで優勝を飾っています。

彼が1〜2年目に所属したEuronova Racingは、同格にあたるFormula Abarthの経験こそありましたが、FR2.0は初参戦のためデータが全くない状態でした。また昨年所属したART Junior Team(現R-ACE GP)にしても、元となったR-ACE GP自体は決して強豪と呼べるほどの体制ではなく、実際、彼よりランキング上位は、Koiranen GP、Josef Kaufmann Racing、Fortec Motorsport、Tech1 Racingといった、タイトル経験のある強豪チームのドライバーで占められていました。

そんな中で笹原はランキング7位を獲得。トップ争いしながら些細なミスやアクシデントで落としたレースもいくつかあり、本人としては不本意な結果でしょうが、先の強豪を相手にしてのこの成績は関係者の間では高く評価されていました。オフシーズンにFIA-F3の強豪、Van Amersfoort Racingのテストに参加できたのも、実力が評価されてのことだと思います(実際、カネで参加できるほど持参金はありませんし)

しかし残念ながら、相応の持参金がなければシートを得られないのが欧州ジュニア界の現状です。昨年しのぎを削ったドライバーたちは、今年順調に上位カテゴリーにステップアップしています。NECシリーズ・チャンピオンのLouis DeletrazはFortecからFormula V8 3.5に参戦し、既に優勝も経験。Eurocup&Aplsシリーズ・チャンピオンのJack Aitken、Kevin Jorg、Jake HughesらはGP3へ、そしてBen BarnicoatとAnthoine HubertはFIA-F3へとステップアップし、こちらも既に優勝済みと、いずれもその実力の高さを見せています。Deletraz、Aitken、Jorgの3人はルノーの育成プログラムにも選ばれました。そんな中、彼らと互角に戦った笹原が日本に戻ってスクールというのが、なんともやりきれません。。。。。

日本のモータースポーツ界、特に”自家培養”にこだわる自動車メーカーは、FR2.0で活躍しているドライバーをステップアップさせない責任を大いに感じるべきだと思います。身内に優しく外様にはとことん冷たい・・・こんな現状を見せられると、暗澹たる気持ちになりますね。