F1」タグアーカイブ

ホンダHFDPからF1ドライバーが生まれない原因

 

Tadasuke Makino and Nirei Fukuzumi

Photo: Autosport

 

今年は二人の日本人ドライバーがF1直下のFIA F2に参戦していますが、いずれも大苦戦を強いられています。個人的にも年間で10位前後には位置すると思っていたので、ここまで低迷するとは予想外でした。

牧野任祐はチームメイトのArtem Markelovが既に3勝を挙げているのに対し、これまで6位が最高。予選こそ上回っているものの決勝ではレースペースで大きく劣り、ハンガロリンク終了時点で既に100点近くもの大差をつけられています

確かに相手は昨年のランキング2位、参戦5年目の”ベテラン”ですからハンデがあって当然とも思えますが、彼がチームメイトに勝ったのは昨シーズンが初めて。そんないわゆる”ペイドライバー”に、ここまで大差をつけられているようではF1など夢のまた夢です。

福住仁嶺もチームメイトのMaximilian Guntherが既に1勝、2位1回を獲得しているのに対し、先日のハンガロリンクでの6位が最高。こちらはチーム自体の不振もあり、Guntherと大差はついていませんが、ランキングでは牧野16位、福住18位(ハンガロリンク前まではブービーの19位)と、もはやスーパーライセンスはおろか、ポイント加算(10位以内)すら危うい状況です。惨状とすら言っていいかもしれません。

 

続きを読む

元レッドブル・ジュニアのその時&その後 (3)

 

元レッドブル・ジュニアドライバーを紹介するシリーズ。(1)(2)に続いて、今回で最後です。

 

続きを読む

【小話】モータースポーツのチーム名いろいろ

 

世界中のいろいろなチーム名を見ているとなかなか面白いですね。

F1で最も多いのは設立者の苗字をとったもの。現在のマクラーレン、ウィリアムズ、ザウバー、ハース。過去のティレル、ブラバム、ジョーダン、ミナルディ、リジェ、ラルースや、チャンピオン経験者が興したスチュワートやサーティース、フィッティパルディ。他にもウルフやヘスケス、コローニなど枚挙に暇がありません。やはりF1というモータースポーツの頂点ともなると、自らの名を冠して自分という存在を誇示したくなるのでしょうか?

続きを読む

ミドルフォーミュラの危機的状況

World Series Formula V8 3.5 (以下F3.5) のプロモーター、Jamie Alguersuari Sr(同名元F1ドライバーの父)さんが、巨額の持参金がなければF1に到達できない現状に、全てのジュニアカテゴリーが影響を受けていると嘆いています。

Original Link: Small FV8 3.5 grid in 2017 a warning to F1 ladder – Alguersuari – FV8 3.5 (Autosport)

 

Jaime Alguersuari Jr (left) & Sr (right) (20minutos.es)

続きを読む

GP3とFIA F3が2019年に合併?

先日これまでの噂通り、GP2がFIA F2に”リブランド”されることが発表されました。(「GP2がFIA F2選手権に名称変更。F1への”ルート”が明確に」)ブルーノ・ミチェルは引き続きオーガナイザーとして残りますが、運営及びレギュレーションの策定等には、今後はFIAが関与することになります。

これまではバーニー・エクレストンがFIA傘下に入ることに拒否反応を示していたため交渉は難航、一時は頓挫すら囁かれていましたが、バーニーのFOM CEO退任によって、トントン拍子に話が進んだようです。

とは言え、今シーズンに関してはチーム&クルマとも変更はないため(Carlinのみ撤退)、ちょうどFN09はそのままにシリーズ名称のみ変更された13年のSuper Formulaと同じ感じですね。

 

GP3 vs F3は、FIA vs バーニーの代理戦争

GP3 at Hungaroring (Motorsport.com)

さて、GP2がFIA F2に変わるとなると、微妙な立場に陥るのがGP3です。GP2同様にバーニーとフラビオ・ブリアトーレによって2010年に創設され、ブルーノ・ミチェルがGP2共々オーガナイザーを務めていましたが、”産みの親”がいずれも退場した今、その立ち位置はかなり”あやふや”と言えます。

そもそもGP3誕生には、当時のF1分裂騒動が関係しており、バーニーがジュニアカテゴリーも含めてF1 (FOM) の支配力を強化し、FIAの影響を弱めるために、F1&GP2と併催するF3対抗(もっと言えばF3潰しのための)シリーズとして、起ち上げられた経緯があります。

実際、GP3創設の影響で、それまでルイス・ハミルトンやセバスチャン・ベッテルはじめ、多くのF1ドライバーを生み出していたF3 Euro Series(ユーロF3)のエントリーが激減(09年の30台前後から、10年は僅か12台超へ) 逆にGP3は初年度に30台ものエントリーを集め、当初はバーニーの目論見通りに事は運んでいました。

しかしこれに危機感を抱いたFIAは、ゲルハルト・ベルガーを委員長に、F3復権と乱立するジュニアフォーミュラの整理・統合を目指して、FIA内にシングルシーターコミッションを設立します。

ベルガーさんは当初、ユーロF3とイギリスF3の合併を試みますが、長い伝統を誇る英国側はこれを拒否。交渉は難航しますが、CarlinやFortecをはじめとした英国チームのユーロへの合流(引き抜き)に成功し、13年にユーロF3は新たにFIA F3 European Championship (FIA F3) として生まれ変わります。ステータスを高めたシリーズは、14〜15年には30〜35台ものエントリーを集めるほどの人気を得て、見事復権に成功しました(その裏で伝統のイギリスF3をはじめ、ドイツ、イタリアの各F3が終了するという”代償”もありましたが)

逆に当初は30台のエントリーを集めたGP3は、年々チーム数、エントリー数ともに減少を続けている上、バーニーがCEOを退いたことで、創設当時の勢いは完全に失われた状態にあります。

 

GP3とFIA F3の合併?

そんな中、2019年を目処にGP3とFIA F3が合併するというウワサが出てきました(GP3 and F3 could merge in 2019

現在、モータースポーツ(特にF3以上のミドルフォーミュラ)を取り巻く状況は大変厳しく、GP3、FIA F3いずれのシリーズも台数の確保に苦労しています。先述の通り、GP3は初年度の10チーム30台から年を経るごとに減少。昨年のCarlinに続き、今シーズンはKoiranen GPの参加が不透明な状況で(SMPとスペインの各FIA-F4運営に専念?)エントリーは6チーム20台程度に落ち込むと予想されています。

一方のFIA F3も14〜15年の盛況ぶりから一転、コスト増加や格差拡大によって昨年エントリーが激減した上、さらに今シーズンもMuckeとT-Sportの撤退により、参戦チームは僅か5チームとなってしまいました。各チーム4台体制でかろうじて20台を保っているのが現状です。

GP2からFIA F2への変更、GP3とFIA F3の台数減という状況を踏まえれば、事実上の合併という選択はかなり可能性が高いと言えるのではないでしょうか。

おそらくはGP3の現行車両 (GP3/16) の使用期間が終了する19年、またはF3で今シーズンから導入される”準”新車(F312からエアロをモディファイした)F317の使用が終わる20年あたりを目処に、GP3が発展解消する形で、新しいFIA F3に生まれ変わり、F1&FIA F2と併催になるものと思われます。

ただ、合併したからと言って単純にエントリー倍増とは行かないでしょう。新車導入のコスト、走行時間の減少などの問題があり、移行チームはPremaやHitech GPに限られるのではないでしょうか。GP3を撤退したCarlinはまずないでしょうし、Van AmersfoortやMotoparkもDTMとの関係や資金力などを考慮すると微妙なところ。それでも8チーム26台前後をキープできれば、サポートイベントとしては十分な規模です。

 

現在のFIA F3はどうなる?

では現行のFIA F3が消滅するかと言えば、それはないように思います。FIA選手権化以前の姿=ドイツ&フランスのユーロF3に戻り、DTM(もしくはクラス1世界選手権)のサポートイベントとして継続するのではないでしょうか(元々、FIA F3の運営にはユーロ時代から引き続き、DTMを運営するITRが関与しています)

折しもFIAは現在、FIA F3と各FIA F4との間のギャップを埋めるため、”F3 Light Series”の構想を進めています。

これはF3車両に限らず、FIA F3とFIA F4の中間性能を持つマシンを使ったシリーズをFIAが認定するもので、16年はイギリスのBRDC F3(FIA F3の安全基準に則ったタトゥース製シャシーに、2リッター230馬力を発生するコスワース製エンジンを使用。かつてのイギリスF3とは別物)が、認定されました。EuroFormula Openなども今後の対象・候補に挙がっていますが、新ユーロF3も同様の立ち位置になるのではないでしょうか。

Tatuus Cosworth F4-016 (Autosport)

むしろ、現行のシャシー&エンジン継続によるコスト削減や、Prema、Hitechなどの金満チームが去ることにより、資金的にも技術的にも格差が是正されれば、FortecやDouble R、Muckeなど、かつてのチームが復帰し、皮肉なことに現在よりも活況を呈する可能性すらあります。

FIAがある意味、強引に推し進めるジュニアフォーミュラの再編が、どのように落ち着くのか、しばらくは要注目ですね。