ホンダ」タグアーカイブ

ホンダHFDPからF1ドライバーが生まれない原因

 

Tadasuke Makino and Nirei Fukuzumi

Photo: Autosport

 

今年は二人の日本人ドライバーがF1直下のFIA F2に参戦していますが、いずれも大苦戦を強いられています。個人的にも年間で10位前後には位置すると思っていたので、ここまで低迷するとは予想外でした。

牧野任祐はチームメイトのArtem Markelovが既に3勝を挙げているのに対し、これまで6位が最高。予選こそ上回っているものの決勝ではレースペースで大きく劣り、ハンガロリンク終了時点で既に100点近くもの大差をつけられています

確かに相手は昨年のランキング2位、参戦5年目の”ベテラン”ですからハンデがあって当然とも思えますが、彼がチームメイトに勝ったのは昨シーズンが初めて。そんないわゆる”ペイドライバー”に、ここまで大差をつけられているようではF1など夢のまた夢です。

福住仁嶺もチームメイトのMaximilian Guntherが既に1勝、2位1回を獲得しているのに対し、先日のハンガロリンクでの6位が最高。こちらはチーム自体の不振もあり、Guntherと大差はついていませんが、ランキングでは牧野16位、福住18位(ハンガロリンク前まではブービーの19位)と、もはやスーパーライセンスはおろか、ポイント加算(10位以内)すら危うい状況です。惨状とすら言っていいかもしれません。

 

続きを読む

フェラーリ主導の新シリーズは上手く行かないと思う理由 (1)

 

Max Mosley, Luca di Montezemolo, Bernie Ecclestone

Bernie Ecclestone, Max Mosley, Luca di Montezemolo (Photo: AP Photo/Gareth Watkins Sky Sports)

 

常に何かしら揉めているF1ですが(笑)2021年以降のレギュレーションと収益分配を巡って、リバティ・メディアとフェラーリやメルセデスとの間で意見が対立しているようです。

現在のチーム間格差を是正するため、バジェットキャップの導入や標準パーツの増加、トップチームに偏った収益分配の見直しなどを求めるリバティに対し、フェラーリらは案の定反発。F1離脱→新シリーズ設立すら辞さない構えとのことですから、穏やかではありません。かつてのGPWC (Grand Prix World Championship) ほど表立った動きはまだありませんが、分裂騒動の再燃が危惧される状況です。

今のところはフェラーリの”違法ERS”使用疑惑と、それを巡るFIAとの裏取引(?)によって、一旦沈静化しているようですが、一部メディアの間では、今回こそは単なる脅しではなく本気で脅威と捉えるべきだという意見もあります。ただ個人的にはそれほど思惑通りに行くとは思えません。

 

続きを読む

牧野任祐のF2昇格は妥当か?

 

Russian Time F2

Photo:FIA Formula2

あまり噂の段階では書きたくないのですが、少し気になったので……。

アブダビで行われたFIA F2のポストシーズン・テストに牧野任祐がRussian Time (RT) から参加しました。既にオートスポーツ誌などでも触れられていますが、RTは今季チームタイトルを獲得した強豪ではあるものの、来季のエントリーリストには記載されておらず、シリーズ撤退が有力視されています。

 

続きを読む

クラス1世界選手権を夢想する

 

DTM and GT500 at Hockenheim

DTM x GT500 at Hockenheim(Photo:AUTOSPORT WEB

メルセデスのDTM撤退発表により先行きが不安視されていたDTMとSuperGT (SGT) のコラボレーション、いわゆる”クラス1”ですが、それぞれのシリーズ最終戦でお互いの車両がデモランを行うなど、ここに来て危機感がむしろ双方の結束を強めているようにも見えます。結果的にではありますが、F1という”重荷”のため新エンジン移行に消極的だったメルセデスがいなくなることで、LMP1撤退で”身軽”になったアウディと、世界選手権のワークスプログラムを持たないBMWにとっては、むしろ動きやすくなったと言えるのかもしれません。

続きを読む