F4/FR2.0」カテゴリーアーカイブ

経験値はスペシャリストに優る

 

Marcus Armstrong leads Verschoor and Shwartzman

Marcus Armstrong leads Richard Verschoor, and Robert Shwartzman at round one of the 2018 Toyota Racing Series (Photo:Driven by Matthew Hansen)

今年もこの時期恒例のToyota Racing Series (TRS) が開催されています(デイトナ24Hではないのね^^;) TRSは”真夏”のニュージーランドで行われるジュニア・シングルシーターシリーズ。5ラウンド全15戦を5週連続で行う短期決戦です。シャシーはFIA F3の安全基準に則ったタトゥースFT50。エンジンはトヨタのプロダクションモデル2ZZ-GEをレース仕様に改良したもので約200馬力を発生。燃料にはE85バイオエタノールが使用されています。ギアはSadev製6速パドルシフト、タイヤはミシュランのワンメイクで、性能的には概ねFルノー以上、現行F3未満と考えると良いでしょうか。

ちなみにシリーズ中の1戦にはニュージーランド・グランプリの冠が付されていますが、FIAからF1以外で”グランプリ”の承認を受けているのはマカオGPとこのニュージーランドGPのみです。

 

続きを読む

2017シーズンレビュー(3) GP3, F4ほか

 

George Russell and ART guys

George Russell (Photo:GP3 Series)

FIA F2同F3と続いて、最後はGP3とその他のシリーズをまとめて振り返ります。

 

続きを読む

ARTの独壇場が続くか? 2017 GP3&F3.5プレビュー

最後にGP3およびFormula V8 3.5のプレビューと、その他の注目ドライバーなどを。

 

GP3:ARTの独壇場は変わらず

GP3では今シーズンもART Grand Prixが、George Russell(イギリス、昨年FIA F3 3位)、Jack Aitken(イギリス、同GP3 5位)、Anthoine Hubert(フランス、同FIA F3 8位)、そして福住仁嶺(同GP3 7位)という、反則というか、えげつないラインナップを揃えました。2010年のシリーズ創設から、8年間で5度目のドライバーズタイトルと、7度目(!)のチームタイトルは、既にこの時点で99.9%確実と言ってもいいでしょう。このシリーズに関しては、今シーズンもARTの独壇場ですね。

中でもタイトルの本命は、メルセデス・ジュニアに選ばれたGeorge Russell。昨年はPremaが支配するFIA F3において、新興Hitech GPからの参戦ながら、Premaの二人に次ぐ総合3位と大健闘を見せました。”FIA F3の中堅チームで活躍→ARTからGP3にステップアップ”、という流れは、昨年のチャンピオンCharles Leclercと同じルートですね。それにしてもイギリスからは次々と有望な若者が現れて羨ましい限りです。

George Russell (ART Grand Prix official)

Jack Aitkenは韓国とイギリスのハーフ。15年にFルノーEurocupとAlpsの2冠を達成。昨年はルーキーながら、経験に勝るチームメイトのJake Dennisと遜色ない走りでランキング5位を獲得。Fルノー上がりではトップの成績でした。最強ARTに移籍した今季は、チャンピオン以外は視界にないでしょう。

福住くんは昨年、初欧州な上に強力なチームメイトに囲まれながらもランキング7位と、1年目としては上々の成績でした。今年は1年の経験と、チーム残留のアドバンテージがある以上、チーム内最下位というわけには行きません。最低でも1勝、ランキング5位以内が及第点でしょうか(*開幕戦レース1で初優勝) 松下信治が今年でFIA F2ラストなのはほぼ確実なため、その後釜となれるかどうかがかかります。

 

GP3 その他の注目ドライバー

タイトルに関してはARTの4人以外に想像できないのですが、それ以外にも注目ドライバーを何人か。

Niko Kariはフィンランドの次代を担うと期待されている若手ドライバー。15年にSMP F4で21戦7勝表彰台19回と圧倒的な強さでチャンピオンを獲得し、レッドブルの育成プログラムに抜擢されましたが、昨年ステップアップしたFIA F3では、F4とのレベル差に順応できず総合10位と期待はずれの結果に終わりました。今季はGP3に転向し再起を期すシーズンとなります。

そんな成績にも関わらず、結果にシビアなレッドブルがサポートを継続するほどですから、その才能は高く買われているのでしょう。幸い所属するArden Internationalは、ドライバーズタイトルを2度獲得(12年ミッチ・エバンス、13年ダニール・クビアト)した、GP3ではARTに次ぐ強豪。昨年の経験を活かせれば、ARTの強力カルテットに割って入る可能性は十分にあります。

Niko Kari (nikokari.fi)

Jenzer MotorsportのArjun Maini(インド)とAlessio Lorandi(イタリア)は、いずれも昨シーズン途中にFIA F3からGP3にスイッチしたドライバー。特にMainiは転向早々から上位を走り、表彰台も獲得するなど、開幕2ラウンドを欠場しながらランキング10位に入る活躍でした。Jenzerへ残留し、今シーズンはトップ5も期待されます。また先日、ハースF1の開発ドライバーにも選ばれました。

開幕前最後のテストでトップタイムを記録したDorian Boccolacci(フランス)は、開幕1週間前になってようやくTridentと正式契約を交わしました。15年にFIA F3に参戦したものの不本意な成績に終わり、昨年はFルノー2.0に”ステップダウン”しましたが、Eurocupで2位、NECで3位を獲得。テストでの速さを見る限り、回り道は無駄ではなかったように見られます。Tridentは15年にLuca Ghiottoがランキング2位、昨年はAntonio Fuocoが同3位と2年連続でタイトル争いを演じており、Boccolacciもダークホースになるかもしれません。

日本をはじめF1ファンが気になるのは、ジャン・アレジの息子Giulianoくんでしょうが、彼はまだまだ経験不足。結果を出すにはもう少し時間がかかるでしょうね。

 

Formula V8 3.5は全く見どころなし

今シーズンのWorld Series Formula V8 3.5(長いのでWS3.5で統一w)に関しては、ハッキリ言って見るべきところは全くありません。

昨年エントリーが15台まで減少したものの、今季はWECとの提携によって、多少は盛り返すのでは?とも期待されたのですが、チャンピオンチームのArdenまでがまさかの撤退! 僅か12台という、なんとも寂しい光景となってしまいました。

量だけでなく質の面でも状況は深刻で、昨年はエントリーこそ少ないながらも、Tom Dillmann、Louis Deletraz、Mathieu Vaxiviereといったレベルの高いドライバーの参加によって、シリーズの質はなんとか保たれていたのですが、今シーズンは”ペイドライバーの巣窟”とでも呼べるような惨状を呈しています。

ラインナップを見れば明らかなように、名門Fortec Motorsportはメキシコマネーに、昨年Dillmannをドライバーズタイトルに導いたSMP Racing by AVFはロシアマネーに依存しています。本人には失礼ながらも、GP3では後方をウロウロしていたAlfonso Celis Jrが優勝できてしまうのが、現在のレベルを端的に表しています。開幕ラウンドで連勝したPietro Fittipaldiにしても、昨年は同じくルーキーのチームメイト、Deletrazに完敗していたドライバーですからね。

正直言って、現在は末期のAutoGPに近いように見えます。クルマは高性能でカッコイイ(個人的には現在のフォーミュラカーでいちばん好き)のに、なんとも勿体無い。

モータースポーツ全体を取り巻く環境の悪化もあり、WECのサポートイベントになったからと言って、そう簡単に再浮上は叶わないのも致し方ない部分もあります。まずはシリーズからLMP2やGTEプロ、あるいはWECでなくとも、ELMSへステップアップする実例・実績が必要でしょうね。それが増えることで、非現実的なF1より、現実的なGTやスポーツカーでプロを目指すドライバーを惹きつけられるようになるかと思います。

 

Fルノー&F4で注目のヤングドライバー

最後にFルノーやF4など、入門フォーミュラで個人的に注目しているドライバーを。

Fルノー2.0に参戦するレッドブル・ジュニアのRichard Verschoor (MP Motorsport) はロビン・フラインス、マックス・フェルスタッペンに続く、オランダ期待の若手ドライバー。昨年シングルシーターにデビューすると、SMPとスペインの各F4をまたいで15連勝という記録を作りました。もちろん台数の多寡もあるため、単純に数字で評価はできませんが、それでもなかなかできることではありません。オフシーズンに行われたToyota Racing Series (TRS) でも3位を獲得しており、レッドブルにとっても次代のF1候補生でしょう。

Richard Verschoor (RED BULL JUNIOR TEAM)

同じくFルノー参戦の中国人ドライバーYifei Yeは、昨年のフランスF4(日本のJAF-F4と同じく、独自規格のF4)で23戦14勝と圧倒的強さでチャンピオンを獲得しました。一方で並行して参戦したイタリアF4では未勝利に終わっており、なかなか評価が難しいところです。名門Josef Kaufmann Racingでカーナンバー1を背負う今シーズンのEurocupが、評価のバロメーターになるでしょう。

Marcus Armstrong(ニュージーランド)はカートで活躍後、昨シーズン終盤にFルノーで4輪デビュー。強豪ひしめくEurocupでいきなり表彰台を争い、一躍注目を集めました。フェラーリ・ドライバーアカデミーにもスカウトされ、TRSではランキング4位に。今シーズンはドイツのADAC F4に強豪Prema Powerteamからフル参戦します。ニュージーランドも小国ながら、近年次々と有望なドライバーを輩出しており、日本もその育成システムをもっと研究すべきではないでしょうか?

最後に今年シングルシーターにデビューしたVictor Martins(フランス) 体操選手から、13歳と比較的遅くにカートへ転向した変わり種ですが、それからたった3年でCIK-FIAの世界チャンピオンまで上り詰めた天才です。昨年フランスF4にスポット参戦し、いきなり表彰台を獲得。今年は同シリーズにフル参戦し、開幕2ラウンドで3勝4PPを挙げ、早くもランキングトップに立っています。このレベルでは、今年最も注目を集めるドライバーになるでしょう。既にF1チームもいくつかは目を付けているでしょうね。

Victor Martins wins WSK Final Cup at Adria (Kartcom)

 

笹原右京は日本のFIA-F4参戦。Fルノーからステップダウンの怪

なぜこのような決定になってしまうのか理解に苦しみます。

昨年、資金不足のため欧州でのシリーズ参戦を中断し、SRS-Fに入校。(順当に)スカラシップを獲得した笹原右京ですが、 ホンダのリリース によると、17年は日本のFIA-F4に参戦するとのことです。

SRS-FからF4というルート自体はごく標準的なものですし、彼がカートを卒業したばかりで、シングルシーターの経験も少ない16〜17歳のドライバーなら、この決定に何の違和感もありません。

しかし笹原の場合、既にフォーミュラ・ルノーで3年の経験があるだけでなく、NECではランキング3位、ユーロカップでも優勝経験のあるドライバーです。NECで彼がタイトル争いを繰り広げたLouis Deletrazは、昨年Formula V8 3.5でランキング2位となり、今年はGP2へステップアップと、早くもF1の一歩手前まで来ていますし、Jack Aitken、Anthoine Hubert、Jake Hughes、Kevin JorgらFルノーで鎬を削ったドライバーたちも、既にGP3やFIA F3で活躍中です。

また彼はスポット参戦したイタリアF4でも、当時参戦中だったランス・ストロールらを破って優勝していますし、昨年はFIA F3にThreeBond with T-Sportから2戦にスポット参戦もしています。昨年の開幕前にはFIA F3でマックス・フェルスタッペンやシャルル・レクレールを擁しタイトルを争った強豪チーム、Van Amersfoort Racingからオファーを受けテストに参加、レギュラーへの誘いも受けました(前述の通り資金不足で実現せず)。

FルノーとFIA-F4はいずれも入門カテゴリーの位置付けですが、一般的には欧州シリーズのFルノーの方が、ナショナルシリーズのF4よりも上位と認識されています(ドイツADAC F4を除く) 実際、Lando NorrisなどF4とF3の間にFルノーを挟むドライバーも多くいますね。

つまりFルノーからF4というのは事実上ステップダウンになる上、シングルシーター転向から3年でF3まで到達しながら、5年目にしてF4に落ちるという、キャリアとしては支離滅裂な状況なわけです。

笹原側が望んでSRS-Fを選んだのか、ホンダ側からSRS-Fでのスカラシップ獲得をサポートの条件とされたのか私にはわかりませんが、もし後者だとすれば、わざわざ貴重な1年をスクールで棒に振らせず、Fルノーでの実績を考慮して、昨年中に試験的にF4で走らせてみれば良かったのです。そこでホンダが納得する成績ならHFDPでサポートすればいいし、期待以下ならバッサリ切ればいいだけの話です。

ホンダには頑固なまでの純血主義(SRSから自社に所属するドライバーしかサポートしない)がありますが、ここまで来るともはや目的と手段が入れ替わっており本末転倒でしょう。

まさか「Fルノーなんて大したレベルじゃないだろう。日本のF4の方がはるかに上だ」などと考えているのでしょうか? だとしたら自信過剰も甚だしい。今流行りの「ニッポンスゴイ系」ですか??

この決定は今後、世界を夢見る少年たちに「下手にカートから欧州に行って苦労して活動するより、ウチのスクール入って国内でステップアップした方が早いよ」とホンダが宣伝しているようなものです。若い才能が海外に流出して困るのは国内メーカーですからね。万一、早くから海外に出られて、向こうの自動車メーカーやF1チームに抜擢されでもしたら、ホンダやトヨタの(育成に関しての)無能ぶりが晒け出されることになるわけですから。

欧州が絶対などと言うつもりは毛頭ありませんが、日本のモータースポーツ界はなぜか欧州帰りの選手に異様に厳しいように見えて仕方ありません。メーカーのプログラム外なら尚更です。海外で実績を積んでも国内では何のメリットにもならないという現実には腹立たしさを覚えます。なぜ国内の育成プログラムはこれほどまでに内向きなのでしょうか?

 

トヨタ・レーシング・シリーズ開幕。初戦はフェラーリ・ジュニアが優勝

この時期恒例のToyota Racing Series (TRS) が、今年も開幕しました。

TRSは2005年にニュージーランドで始まったシリーズで、欧州がオフシーズンになる1〜2月にかけて毎週、国内のサーキットを転戦します。1ラウンド3レース開催で、全5ラウンド15レースで争われます。

シャシーはFIA F3規定に準拠したタトゥースFT-50、エンジンはトヨタの1.8リッター4気筒の市販エンジンをモディファイしたもので約200馬力を発生します。概ね、F3とF4の中間程度の性能でしょうか。

発足当初はほとんどが地元ニュージーランドのドライバーで占められていましたが、近年は冬季で走りこめない欧州や北米などから、将来有望な若手ドライバーが腕を磨きにこぞって参戦する注目のシリーズとなっています。

今年もレッドブル・ジュニアのRIchard Verschoorや、フェラーリのアカデミー入りが決まったばかりの地元Marcus Armstrong、フォース・インディアのサポートを受けるJehan Daruvaraといった、F1チームの育成ドライバーが参戦しています。

これまでに現ポルシェLMP1ドライバーのBrendon Hartley & Earl Bamber、Formula E参戦中のMitch Evans、GT500にレクサスから参戦するNick Cassidyに、F1参戦が決まったLance Strollなどを輩出。昨年はLando Norrisが欧州勢では初めてのタイトルを獲得しました。

ただ日本人は数年前に桜井孝太郎が参加したのみで、今年もゼロ……。オフシーズンに比較的低コストで参戦でき、世界の同世代の有望ドライバー相手にガチンコ勝負できるという、日本の若手ドライバーにとっては稀有な機会だと思うのですが、ホンダもトヨタもレベルを下に見ているのか、このシリーズに全く価値を見出していないようです、、、、。

 

さて、先日Mike Pero Motorsport Park (Ruapuna) で行われた開幕ラウンド。レース1は2番グリッドからスタートしたArmstrongが、SC後のリスタートでPPスタートのDaruvaraを交わしトップに浮上。そのままシングルシーターでの初勝利を飾りました。Daruvaraが2位、Verschoorが3位に入り、F1チームの育成ドライバーがトップ3を占める結果となりました。

レース2はレース1のトップ6がリバースグリッド。スタートでトップに立った地元ドライバーのTaylor Cockertonがトップチェッカーを受けましたが、スタートの際にグリッド停止位置をはみ出ていたとして10秒加算ペナルティが課され4位に降格。2位フィニッシュのPedro Piquetにもペナルティが出されたため、3位のThomas Randleが繰り上がりで優勝、Verschoor、Armstrongがそれぞれ2位、3位に入りました。

レース3はPPのDaruvaraがスタートから後続との差を広げるものの、後方のクラッシュにより赤旗中断。一気にマージンがなくなってしまいます。それでもリスタートでもリードを守りきりトップチェッカー。毎ラウンドのレース3優勝者に与えられるトロフィー (今回はLady Wigram Trophy) を獲得しました。Verschoorが4位入賞の一方、Armstrongはリタイアに終わっています。

開幕ラウンドを終えて総合ではVerschoorが未勝利ながらも3-2-4位で固めてランキングトップ。Randle、Daruvara、Ferdinand Habsburg(かのハプスブルグ家の末裔!)と続き、Armstrongはレース3でのリタイアが響き5位スタートとなっています。

この後シリーズは4週連続で行われ、Teretonga Park、Hampton Downs Motorsport Park、Bruce McLaren Motorsport Park (Taupo)、Circuit Chris Amon (Feilding) と転戦の予定です。

Source:
Ruapuna TRS: Ferrari junior Armstrong wins season opener
Ruapuna TRS: Cockerton scores maiden win in Race 2
Ruapuna TRS: Daruvala wins red-flagged Race 3