17年開幕時点のスーパーライセンス該当ドライバー(F1除く)

マックス・フェルスタッペンが、シングルシーター経験わずか1年、しかも16歳という若さでF1に昇格したことをきっかけに導入された、F1スーパーライセンスのポイント制度。当時まだ存在すらしていなかったFIA F2が最高配点だったり、FIA F3がLMP1やIndyCarと同格&GP3やFR3.5より高配点だったり、なぜかFIA-F4がナショナルF3やFルノーより高待遇だったりと、発表当初からFIA管轄の各選手権への露骨な優遇ぶりが目に余るシロモノだったわけですが、The Checkered Flagさんが、17年開幕時点での基準該当ドライバーを紹介しています。

original:Superlicence Points – who holds enough to qualify for F1? – Formula 1 – The Checkered Flag

 

F1未経験者は24人

まず1戦たりともF1レース経験のないドライバーは24人が基準を満たしており、14年IndyCarチャンピオンのウィル・パワーや、昨年のWEC LMP1のチャンピオン・トリオ(ニール・ヤニ、マルク・リエブ、ロマン・デュマ)など、IndyCarとWEC LMP1のドライバーが多くを占めています。

ジュニア・フォーミュラでは、フェラーリのリザーブに選ばれたアントニオ・ジョビナッツィを筆頭に、セルゲイ・シロトキン、ピエール・ガスリーと奇しくも昨年のGP2のトップ3が続いています。

その他、GP3チャンピオンのシャルル・レクレール、Formula V8 3.5のトップ2などが順当にクリア。また昨年はジュニア・フォーミュラを卒業したフェリックス・ローゼンクビストも、15年のFIA-F3チャンピオンで一発クリアです。ということは、今年のSuper Formulaには後述するロッテラー&中嶋一貴を含め4人の”スーパーライセンサー”が参戦するわけで、なかなか豪華ですね。

余談ですが、過去2年のSFチャンピオン、石浦宏明&国本雄資も、今年3位以内に入れば基準を満たします。ホンダは若者ばかり見ず、メーカーの垣根を越えて日本のトップドライバーもいかがですか?(笑)

閑話休題。それ以外のカテゴリーでは唯一権利を持つホセ・マリア・ロペスは、WTCCの配点こそ最高15点と少ないものの、3年連続チャンピオンで余裕のクリアです。

qualified drivers without F1 experience

  1. Will Power (IndyCar):90
  2. Neel Jani, Marc Lieb, Romain Dumas (LMP1):80
  3. Antonio Giovinazzi (FIA F3, GP2):76
  4. Sergey Sirotkin (FR3.5, GP2):70
  5. Pierre Gasly (FR3.5, GP2):69
  6. Marcel Fassler (LMP1):68
  7. Benoit Treluyer (LMP1), Scott Dixon (IndyCar):66
  8. Loic Duval (IndyCar, FE):59
  9. Helio Castroneves (IndyCar):58
  10. Oliver Rowland (FR3.5, GP2):53
  11. Brendon Hartley, Timo Bernhard (LMP1):52
  12. Louis Deletraz (FR2.0, F3.5):49
  13. SimonPagenaud (IndyCar):48
  14. Charles Leclerc (FR2.0, FIA F3, GP3):47
  15. Alex Lynn (GP3, GP2):46
  16. Nyck de Vries (FR2.0, GP3) , Jose Maria Lopez (WTCC):45
  17. Felix Rosenqvist (FIA F3):43
  18. Oliver Jarvis (LMP1), Tom Dillmann (FR3.5/F3.5):40

 

F1経験者は10人。3人が100点越え!

一方、F1経験者では10人が該当しており、お呼びがかかれば、いつでも復帰可能な状態にあります。

中でもセバスチャン・ブエミ121点、アンドレ・ロッテラー118点、ルーカス・ディ・グラッシ100点と、この3人はWEC+Formula EまたはSFへの並行参戦で、100点オーバーという大量ポイントを獲得しています。現在のそれぞれのカテゴリーでの勢力図を見ても、この3人は今後も基準を満たし続けそうですね。

現在、日本人で唯一クリアしているのは中嶋一貴です。案外見落としがちですが、ホンダが今年もしくは来年、日本人ドライバーをF1に乗せたいと望むなら、松下信治や牧野任佑など自社の育成ドライバーを待つまでもなく、一貴を起用可能なんですよ。まぁ純血主義のホンダはそんなコトには無関心でしょうが。。。。

qualified Drivers with F1 experience

  1. Sebastien Buemi (LMP1, FE):121
  2. Andre Lotterer (LMP1, SF):118
  3. Lucas di Grassi (LMP1, FE):100
  4. 中嶋一貴 (LMP1, SF):60
  5. Mark Webber (LMP1):52
  6. Anthony Davidson (LMP1):51
  7. Juan Pablo Montoya (IndyCar):43
  8. Stephane Sarrazin (LMP1, FE), Alexander Rossi (GP2), Nelson Piquet Jr (FE):40

 

ポイント制度への疑問

FIA選手権が殊更に優遇された配分表からも、FIAがスーパーライセンスを利用して権威・権限を強化しているだけでは?と思えたものですが、改めてこれらのリストを見てみると、やはり「ポイント制度なんていらねーんじゃね?」と思えて仕方ありません。WECやIndyCarのトップドライバーはもちろん、ジュニア・フォーミュラの若手も実績十分な顔触れが揃っているわけですから、わざわざポイント化する必要性がないんですよね。

結局、フェルスタッペンという”怪物”への対処に困ったFIAが、大騒ぎした挙句、このくだらないシステムを思いつき、責任を回避しようとでも考えたのでしょう。

ただ現代の整備された環境をもってしても、フェルスタッペンのような怪物が現れるのはごくごく稀で、それこそ10年に一人というレベルでしかありません(実際、同じくFフォードからの3段飛びで大騒ぎになったキミ・ライコネンから14年後のことです) フェルスタッペンに影響されて、カートからいきなりFIA F3からシングルシーターを始めた無謀な若者もいましたが、少なくとも1年目は見事に無残な成績で終わりました。つまり過剰反応し過ぎなんですよね。

むしろこんな制度にしたことで、前述のフェルスタッペンやライコネンはもちろん、かつてのアイルトン・セナやミハエル・シューマッハー、ミカ・ハッキネン、それにジェンソン・バトンなど、ナショナルF3からの飛び級が、事実上不可能になるデメリットの方がはるかに大きいと思います。彼らのような世界チャンピオンレベルの才能は見る人が見ればF3で十分わかるもの。それがこんなくだらない制度のために、無駄なワンステップが要求されるなんて、それこそF1にとっては損失でしかないでしょう。

またWECやIndyCar、DTM、Super Formulaなど、F1以外のトップカテゴリーを格下に位置づける傲慢さも不愉快ですし、逆にFルノーやFIA-F4などの入門カテゴリーにまでポイントを与えるのも、単なるゲーム要素にしか見えません。上位カテゴリーにしても7位と8位に差を付けて、一体何の意味があるのでしょうか?

既に昨年の段階で、このポイントを満たしていないパスカル・ヴェアラインが、メルセデスからのリクエストで許可されたように、こんな制度を作ったところで、メーカーからの要請があれば、今後もあっさり許可しちゃうんでしょうね。だったらとっとと無くしちゃえばいいと思うんですけど。

必要なのは18歳という年齢制限だけだと思いますね。